So-net無料ブログ作成

キター! [映画]

ついに来ました液晶TV。
やっぱし46型はでかいな~。
12畳の今のリビングでも十分にそのデカさは堪能できる。
地デジはこの地域は電波障害がひどいので受信できなかったけど
BSデジタルはOK。
BSハイビジョンの画質といいかなり満足のいく画質だ。
そして早速我が家のベンチマークであるSTARWARSを再生してみる。
DVDだから解像度は少し落ちるけど、離れてみると荒さもそれほど目立たない。
今まで25型でさらにシネマモードでは上下がカットされて20型くらいで見ていたので一気に倍増したのだ。
先日購入した上級AVアンプのサウンドとあいまってかなりの迫力だ。
娘のアニメDVDもかなりの迫力で違和感さえ感じるくらいだ。
これを新居の3畳のAVスペースで見たら本当に映画館のようだろうな。
たのしみだなん。
次のターゲットはBDレコーダだな。
TV.jpg

写真以上の迫力があります

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

AVアンプ買い替え [映画]

新居購入に際して液晶TV・ブルーレイ・AVアンプを購入するつもりだった。
そのうち液晶TVとブルーレイは購入権を確保したものの
AVアンプは資金難のため購入計画から外すことになってしまった。
今は英国KEF製のKHT2005スピーカーシステム
ONKYOのTX-DS787AVアンプを組み合わせており
とりあえずシアターシステムとしては形になっているので買い換える必要は無いのではないかということだ。
本当はONKYOの昨年モデルのTX-SA805が欲しかったのだけど・・・定価18万超の売価10万ほど
あぁ~HDMI接続、TrueHD・DTS-HD再生 無念。
と思っていたところ中古でTX-DS898が2万で買える。
2001年製だけどSA805のご先祖様で素性はとてもよいはず。
即購入してしまいました。
そして手元にやってきたので即接続。
今までのシステムでもそれなりのサラウンド感は楽しめていたけど、
スピーカーの高音とサブウーハーの低音の間にぽっかり穴が開いたような物足りなさがあったのだ
今回はその中音域もしっかり厚みのあるいい音になりました。
引っ越したら音楽再生用としても活用するつもりだったけど、
このDS898ではピュアオーディオモードで、7chから2chにアンプ機能を絞って
ノイズを低減するなんてこともやってくれるのでした。
最新のフォーマットには対応していないけど、1グレードアップしただけだけど十分効果が分かってよかった。
まだ再生したのは娘の好きなアニメだけだけど迫力のある映画を早く試してみたいな。
おまけにDVDの再生は今だにPS2だし・・・まだまだ改善の余地がたくさんありそうだ。
DS898.jpg
ONKYO TX-DS898


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「フォーガットン」 ジュリアン・ムーア主演 [映画]

 2月に飛行機で観たジュリアン・ムーアの「フォーガットン」が今週末公開されるようだ。これを観た時は何も内容を知らなかったのでかなり驚きの連続でした。「???」「!!!」って観ている方まで混乱してきます。でもあの宣伝では全然その雰囲気が伝わってきませんね。ミステリー系が好きな方にはお薦めの映画です。
<以前の記事は>https://www.so-net.ne.jp/blog/entry/edit/2005-02-26


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ホアキン・フェニックス主演 「炎のメモリアル」 [映画]

2月に飛行機で観た「Ladder49」が日本でも公開されるようだ。
邦題は「炎のメモリアル」だって。結構気合を入れて宣伝をしているようだ。人気が出るといいなぁ。自分が以前書いたブログは・・・
http://blog.so-net.ne.jp/susie-life/2005-03-04


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 [映画]

先日久々に日本で映画を見た。「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」だ。
ジム・キャリーが出ていてはずした映画なんて見たこと無いから間違いないと思って見に行った。
キャストがまたすごい。ジム・キャリーはもちろんメリル・ストリープはすぐに分かるが、ダスティン・ホフマンがちょい役で出てるし、レモニー・スニケットのナレーションはジュード・ロウだ。映画2本分のキャストだ。出だしから凝った絵作りをしていて期待を持たせる。ハリーポッターのようなイメージだ。魔法や剣が出てくるようなファンタジーではなくて、より現実的な頭を使った勝負だ。時代背景がよく分からんけど40年くらい昔のようだけど車に電話は付いてなかったろうし・・・まあその辺の曖昧さがまたいいのかもしれない。嫌なやつ役をこいつにやらせたらホントに右に出るものはいないなジム・キャリーは!悪役がむかつけばむかつくほど映画は盛り上がるわけで、この映画は彼を採用したおかげで大成功だと思う。ほかの誰でも真似はできないだろうからね。六本木ヒルズで見たので外国人の親子たちがいっぱい来ていて親子でも楽しめる面白い映画でした。最後のエンドロールまでハリーポッター並みに凝った映像でよかった。第2弾できないかな?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ジュード・ロウ新作 ALFIE [映画]

先日アメリカから帰国する時に飛行機で見た映画を紹介します。

 Jude Lawの最新作「Alfie」http://www.alfiemovie.com/。まだ日本では未公開作品で英語のみの放映だったけどそこそこ内容はつかめたので紹介をしたいと思う。JudeLawを好青年だと思っているファンがいたとしたら、この映画は見ないほうがよいかもしれない。なぜならこの映画ではバリバリのプレイボーイ役だからだ。そのプレイボーイの浮き沈みをコメディ調に表現した映画だ。
恋人役にはJudeLawと噂のSienna MillerやMarisa Tomei やSusan Sarandon !!

 リムジンの運転手を仕事に持つAlfie。いつもスーツで身を固めなかなかかっこいい。男としてはそのセンスは見習いたいところ。(元が違うから見習えないとこもあるだろうけど・・・)そんなAlfieは女癖がよくない。彼女がいても浮気をして、ご多分に漏れず見つかって、別れる羽目になる。新しく彼女を作っても長続きしない。さらには友達の彼女を妊娠させてしまう。さすがのAlfieも気に病んでしまうようだ。さらに50歳のおば様にまで捨てられてたり、不能状態に陥ったりいろいろ彼なりの苦悩を経てたどり着いたのは最初の彼女だったりする。でもその時にはすでに別の彼がいて時すでに遅し・・・結局プレイボーイとは寂しい人種なのか。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Backdraftの再来? 「Ladder 49」 [映画]

先日の飛行機で見た映画第3弾。
昔「Backdraft」を見て消防士ってかっこいい!と思って以来の大好きな消防士のお話。消防士は英語ではFierFighter。Backdraftではまさしく危険をかえりみず火と闘う男達のドラマだった。この手の男くさいドラマは大好きである。
 この映画ののキャストはJohn Travoltaを脇役にJoaquin PhoenixでRiver Phoenixの弟らしい。(全然似てないけど)
名前はよく知らなかったけど顔を見て思い出した。
Signs」でメル・ギブソンの弟役として最後にエイリアンをやっつける人だ!それから「Graduator」で王様役もやってたっけ。
<ストーリー>
 新人でLadder 49に配属された主人公の半生。
暖かい仲間に恵まれながらも、まるで戦場のような火災現場の先頭に立って活躍する主人公。幾度となく人命を救助し、その勇気を称えて勲章まで授与される英雄にまで成長する。一方彼の人命救助は生死の境を綱渡りているようなもの。仲間は次々に負傷したり命を落としていく。家族は彼の勇気を誇りに思いながらも、身の危険を案じて苦悩する。そして遂に彼にも危険が迫る・・・

 アメリカではFireFighterは将来なりたい職業の上位にあるだけに、そこそこ人気のある映画です。Backdraftほど派手さは無いが、命をかけて闘う男達の姿にくぎ付け。お薦めです!10点中8点はあげたい。次回は是非日本語で見たいなぁ。

http://video.movies.go.com/ladder49/main.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

速報:アカデミー賞 Live on Red carpet [映画]

さて今年もやってまいりましたアカデミー賞。
今年は幸運にもアメリカにいるのでLive放送で丸ごと全部見ることが出来ます。
いったい誰がオスカーを手にするでしょう?今年の司会は「ラッシュアワー」のクリス・タッカ-。のりのいい司会です。
 放送の楽しみはなんと言ってもレッドカーペットでの俳優達のパフォーマンスでしょう。これだけたくさんの美男・美女を一度に見られることは無いでしょう。アナウンサーはこぞって女優達の華やかな衣装やメイクを評価していました。このレッドカーペットで驚いたのは「ブリジッドジョーンズの日記」でお馴染みReneeZellwegerの変貌ぶり。物凄いおばさんになっていた。「ブリジッドジョーンズ2」でかなりの増量を行った反動なのか、激やせして皮膚がたるんでいる。とてもかわいそうで見ていられない。とりあえずTVの画面をデジカメで撮ってみた。とりあえず見たい人のために。

結果速報:「Million Dollar Babyが作品賞・監督賞 Clint Eastwood・主演女優賞 Hillary Swank・助演男優賞 Morgan Freemanとほぼ主要部門独占。
Aviatorは助演女優賞 Cate Blanchettのみ。他4部門にとどまった。
主演男優賞はRayのJamie Foxxだった
イケメンその1 DICAPRIO
激やせRENEE
イケメンその2 ORLAND BLOOM
自分のお気に入りPENELOPE


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ジュリンアン・ムーア新作 The Forgotten [映画]

飛行機で観た映画第2弾。
「ハンニバル」でおなじみ Julianne Mooreの新作を吹き替え版で観る事が出来た。全然聞いたことがない題名だったので機内誌で「ドラマ」と言うジャンルということとちょっとしたストーリしかわからなかった。
<ストーリー>
息子が突然失踪して1年以上が過ぎてもまだ息子を諦めきれない母親。周りはもう死んだものと思いあきらめている。しかしある日を境に奇妙なことが起き出す。子供と映っていたはずの写真に子供の姿が無い。アルバムは白紙。旦那は子供なんていなかったと言い出す。子供が存在していなかったという物的証拠と、母親は自分が生み育てたはずという記憶が錯乱し気がおかしくなってきてしまう。観ているこちらまでいったい何が事実なのだか分からなくなってくる。だんだん母親の妄想で子供がいただけなのではないかと思い始めた。この映画は母親の心の病からくるドラマなのだと思った。しかし息子が乗ったバスが失踪した時、同乗していた女の子の父親に遭遇。彼も娘はいないと断言していたが、あるきっかけで娘がいたことを思い出す。ここから話が思いも寄らない方向へ・・・ヒューマンドラマかと思っていたらSFの世界へひとっ飛び。やはり息子は存在していた。母親の息子に対する思いが逆転勝利をよぶ。
 なかなか切り口が面白い。途中からSFになるところは、ともすると興醒めしてしまうかもしれないが、これはこれでよいのだと思う。メルギブソンの「sign」とかああいうのりだね。内容を知らなかったので急激な展開が面白かった。
10点満点で7点ぐらいかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

King Arthur [映画]

先日飛行機で見た映画第一弾。
日本でも公開された「King Arthur」。吹き替え版でしっかり見れました。
プレビューをみて結構期待して見ました。
<ストーリー>
イギリスの伝説の王の物語。ローマに忠誠を誓いながらもローマの撤退で母の故郷を守るため戦うアーサー。忠実な部下達とともに敵の軍勢をものともせずけちらしていく。結構ああいう友情とか忠誠心とかって好きだな。でも最後はお決まりのお姫様との結婚。ありがちなハッピーエンドはちと退屈だ。
Road of the Ringの見すぎかこの手の戦い物は大分目が肥えてしまっている。
そのせいかハラハラする度合いが今ひとつ盛り上がってこない。
期待していただけにちょっと残念。
主演はClive Owen


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。