So-net無料ブログ作成
検索選択

’12ジャパンシリーズ 石川・一里野大会 [自転車]

今回はGaichiが富山出張があったので、事前にバイク等は預かっておき土曜に金沢で彼を拾う計画。
久々のハードな残業の毎日で疲労困憊。
さらに極度の練習不足の環境でどこまでエキパ残留を決定すべく石川まで遠征。

13日(土)はまずは一人で自宅を出発。長い旅の始まりだ。
ルートは毎回考えさせられるが、今回は一人なので遠くても気楽なルートを選択。
圏央道から関越~北陸道に決定。
あまり渋滞もなく順調に走る。まずは塩沢石打で休憩。
新潟はとても長く感じたが2回目のPITINは越中境でブラックラーメンを食す。
1時間100㎞ペースで昼には金沢到着。
ショッピングモールでスーツ姿のGaichiをPickupし会場を目指す。
スーツ姿で会場を歩き回るGaichiの姿がとても不自然で
自転車仲間からも突っ込まれまくってたのが面白かった。
早速準備を整え試走に向かう。

今回のレース会場は初めての開催ということで興味津々。
事前情報では登りが多いということと、
何があるかわからないためオールマイティ性から今回はScalpelをチョイス。
エキパ残留を決めるためにも取りこぼしは許されないため堅実な選択をした。
コースはスタート間もなく急な短い登りがあり芝だけど場所によってぬかるんで登りにくい。
路面が少しウエット状態だったので1周目は登れなかった。
その後はしばらく緩い下りをぐるっと回り、路面の緩い2mほどの段差。
エキパ中盤レベルだとこういうところでちゃんと乗っていけるかどうかで差が出る。
その後ゲレンデのアップダウンを繰り返す。
この辺りが長くて特に終盤は斜度がぐっと増すので登坂力で差がつくはずだ。
その後は森の中のシングルトラックへ。
ぬかるんでいるのと山で全く練習していないのでリズムが取れなくてかなり鈍足。
後半には岩のドロップオフ有。多分何てことないのだけどやはり練習不足でびびって下れない。
何度か練習したけど岩が滑りそうでどうしてもだめだ。こういう時は29erがいいんだよね・・・
悪いイメージを残しながらも2周で試走を終了。
全般的に面白みに欠けるコースでパワー勝負の展開が予想される。

宿は会場のすぐ隣の宿でアクセス楽ちん。
おかみさんもいい方で食事もボリュームがあってコストパフォーマンスはかなり良かった。
会場近いし、翌日のスタートも遅いのでゆっくりできるが結局眠いので22時前には就寝。

日曜日、天気は晴れ。暑すぎず寒すぎずちょうど良いレース日和だ。
路面の状態を見るため後半だけ試走をする。宿が近いってのはいいもんだ。
前日よりは路面は乾いてきていて岩も乾いてきている。まあなるようになるか。
スタートまで時間はたっぷりあるのでのんびりウォーミングアップ。
今回の目標はずばりエキパ残留を確定すること。
現在の獲得ポイントは66pt。
80ptあれば残留はできそうだがギリギリだと危ないからあと24ptは稼ぎたい。
ということは必然的に50位あたりが目標順位になる。

続きを読む


Canyon GrandCanyon 29er AL #1 [自転車]

昨年のJシリーズの教訓から
レース向けのバイクはやはり2台必要と思いハードテールバイクの買い替えを検討した。
乗っていないバイクやパーツを売り払い資金を調達したがそんなに高額なバイクは買えそうにない。
当初はCannondaleのFlash Carbon 26erが欲しかったけど資金は不十分。
でも選択肢はいろいろあるぞ。

流行の29erに乗ってみたいな・・・
自分の乗り方だと29erあってるんじゃないかな・・・
でも、また異なるホイール増えるのは嫌だな・・・
と思ってずっと敬遠してきたがarukakatさんの29erに乗って少し開眼。
周りの29er乗りが好成績を上げていてなお更興味が膨らむ。

いろいろ調べていくうちにある程度自分の中に基準ができてきた。
 ・テーパーヘッドでショートヘッドチューブ
 ・Fr 15mmスルーAxle
 ・Rr 12mmスルーAxle
 ・BB30
 ・ポストマウント
 ・ワイドハンドル


最近はどこのメーカーからも29erが発表されていて選択肢は広いがこの全部を網羅するものは少ない。
さらに
 ・格好がよくて
 ・所有欲を満たしてくれるブランド

しかし高くていい物は当たり前なので結局のところ
 ・自分の少ない予算で買える
ことが重要になってくる。
ってことでアルミの低グレードでいいのはないか・・・

TREK Superfly Al
CANNONDALE Flash
MERIDA   BIG.NINE
ROCKEY MOUNTAN Vertex
SPECIALLIZED StumpJumper
CANYON GrandCanyon
SCOTT Scale
NINER
など

自分の欲しい仕様とスペックを並べてみると結論は絞られてくる。
残念ながら大好きなCannondaleはRr12㎜を最上位でも使っていないので却下。
まあまたLefty壊れたら困るのでダメなんだけど。

この中で圧倒的なコストパフォーマンスを打ち出していたのがCANYON。
同程度の他社製品よりレースホイール1本分安く買えてしまう。
しかしドイツからの通販のみでしか販売されていないという変わったメーカー。
ロードではグランツールも走り有名にはなったもののちょっと買うのは怖い?
でもYuki選手も使っているし、先だってArukakatさんもロードを購入ということでチャレンジしてみる!?

結局CANYONのGrandCanyon29ALに決定。
選考基準の中ではBB30だけ装備していなかったがそれ以外はクリア。
そして何よりかっこいい。←自己満足であってもこれが一番大事だ。

納期は3か月近く待つことになったがはたして・・・

続きを読む


'11ジャパンシリーズ J2木島平大会 [自転車]

もう2週間も前の内容ですが思い出しながら・・・

昨年エキパで6位を獲得した、比較的得意なコース。
練習はやはり余り出来てはいないが、どこまで通用するか自分を試すいいチャンスだ。
しかし、残念ながら土曜入りは出来ず、ガイチと当日入りとなった。
睡眠時間を取るか試走をとるかで、事前情報では一部意外は例年通りということで
睡眠時間を取り4時半自宅出発でガイチをピックアップし木島平へ
思ったより早めについて8時半には着いたがさすがに試走時間は終了していた。
試走していない人なんてほとんどいないので情報収集。
前半の下りが滑りやすいシングルののぼりを追加。
その後の自分の得意パートが変更された程度。
例年難所のドロップオフは迂回路が出来ていて全般的に難易度は低下した感じだ。

スポーツの応援・エキパの応援をしてアップを始める。
前日の雨で路面が心配されたが、だいぶ乾いてきているようだ。
体の調子はまずまずな感じ。天気は曇っていたが晴れ始めているようだ。
暑さで少し消耗している気がするが多めにアップをこなした。
召集が開始され後ろから2列目くらいに並ぶ。
今回の目標は30位。持てる力が発揮できれば不可能ではないはず。
一斉にスタート。
アウト側からスタートしたのだが第一コーナーが上手く曲がらせてもらえず
かなり膨らんでコーナーリングしたせいで最後尾へ下がる。
ならばということで最初の登りで一気に巻き返しを図り始める。
最後尾集団から抜け出し前の集団に追いついたと思ったら
左前方にいた選手がいきなり蛇行し始めて目の前を横向きに通せんぼ。
わけ分からんこいつ!
せっかく良い勢いで登っていたのに0発進になり。
リズムは狂うわ、後ろには追いつかれるわ最悪のスタートになってしまった。
結局新設のV字シングルトラックは大渋滞で押し登りになってしまった。
気を取り直してがつがつ行きたいところだが、前が遅くて自分のペースが作れない。
自分が得意な上り区間はあまり調子が良くなさそう。
シングルトラックはだいぶ根っこが深くなっていて走りにくくなっていた。
前を行くハッシーさんに遅れずついていこうとしたが、どうもリズムが合わない。
そしてシングルトラック出口手前の根っこで痛恨のスリップ。
焦っていたのと試走をしていなかったのがもろに出てしまった。
後続を見送り乗車してシングルトラックを出たら、誰もいなくなっていた・・・
完全に置いて行かれてしまった~!ほんの一瞬のミスが命取り。
これがエリートのレースだ!
いきなりの得点圏外に落ちこぼれ前は誰も見えない。
蒸し暑さが倍増していてレースというより一人修行の様相。
ペースは全然上がらず、ただ黙々と進めるだけ。
まったく楽しくないレースだ。2周目でRYO君がトラブルで抜いた。
そして暑さにやられたのかNジムTH君をホームストレートで抜いた。
そしてまた淡々と走っているとチラチラと県人ジャージが見える。
3周目、今年いい成績が出ていないヤマベッティーニさんを登りで抜かす。
知り合いばかりを3人抜いて-4Lap 39位で終了。
全くいいところ無し。
練習不足とはいえここまでひどいレース展開になるとは・・・
エリートのレースの怖さを思い知らされた一戦でした。

ルイガノ グリーンカップ [自転車]

緑山のJ2レースも箱館山に続きキャンセルとなったため、
5月のレースが無くなってしまった為、レース感覚を忘れないよう
代わりにルイガノグリーンカップに出ることにしました。
会社の自転車部で募集を募ったらそこそこ人が集まったため
3人2チーム、親子1チームで出場。
Jシリーズチームとロード&ホビーMTBチームに分けました。

八王子駅で朝5時にN山さんを拾って中央道へ。
早く着き過ぎると思ってのんびり走っていると、見たことのあるワゴン車が爆走中。
T田監督でした。あちらもこちらに気づいたようで一緒に会場へ。
そこそこいい場所に車も駐車できバイクの調整を開始。
N山さんはニューバイクが間に合わなかったので自分のコメンサルを貸してあげました。
T田監督は前日組みあがったばかりのMERIDAカーボンで出場。
早くついたもののピット設営に出遅れ、いい場所が取れなかった。
ヤマベッティーニさんが平地のいい場所をキープと思いきや、交代ができないエリアでした。
時間もあまりなくなってきたのでみんなで試走へ。
チームジャージがこんなにいっぱいMTBで走るなんてめったにないこと。
ちょっとうれしくなってしまいました。
コースは95%はダブルトラックで抜きどころは多そうだが
浮き砂利部分も多く注意が必要。前半のシングルトラックは100mほどだが
そこそこの下り坂をオフキャンバー面に作っており土がフカフカで初心者には難しそう。
年に1回くらいしかMTBに乗らないロードメンバーはヒーヒー言ってましたが
それって楽しいって事ですよね?

続きを読む


パフォーマンス低下 [自転車]

日曜はOGA選手の提案で河川敷での追い込み練習。
自分は相変わらず胸が痛いが、いいわけが出来ない時期になってきたのでとりあえず参加。
参加者は東京近郊の強豪Jライダー達。
河川敷に短いコースを設定して10分のレペティション的な競り合いの練習。
自分はやはり胸が痛かったし、どんなに頑張ってもみんなについていくことが出来なくて
すぐに引き離される。
もともと平地は得意ではないがちょっとひど過ぎ。
やはり脚力・地脚が落ちている気がしてならなかった。

ふと家で着替えをしていたら体つきに気がついた。
昨年着実に結果を残すことが出来た要因と思っていた
体の裏側の筋肉がゲッソリ落ちていた・・・やばいっす。
胸の痛みは治るどころか範囲が拡大しているし、
八幡浜はただ走るだけで終わってしまいそうな予感。

13176776_1086574825_182large.jpg
photo by 黒アンカさん

具合は? [自転車]

日曜は県境のMTBパークのイベントに参加。
自分は先日負った胸の打撲が癒えない状態なので、痛みがましてきたりしたらDNFの覚悟のつもり。
自走で45分ほどで集合時間に現地に到着すると
関東エリート上位の選手をはじめJシリーズの選手が30名ほど集合。

緑山のレースが延期になったことから模擬レース的なことをやろうというもの。
クローズドコースならではの試みだ。
ひとまず全員で試走。30人ほどが数珠繋ぎで走る様はちょっと異様な雰囲気。
基本的にレースコースではないのでタイトなシングルトラックが続き抜きどころなし。
小さなアップダウンをくりかえし、右へ左へカーブの連続。
自分のとても苦手なタイプのコースの一つだな。
通えば上達できるかな?

朝うっかり飲んでしまったジュースのせいで心拍が高め。
通常の+10bpmでかなりやばい。
迷惑掛けないよう最後尾からスタートにした。
調子が上がらないなりに頑張るが1周目でRRホイールが外れてしまいいきなり完璧にビリ。
追い上げようとするも全然ペース上がらず、心拍は195bpmを出してる。
心拍の割りに胸はあまり痛まずある程度は走ることが出来そうだ。

結局1時間ほどで上位にはLAPされ8周くらいでDNF。
とりあえず1時間以上走ることが出来たので満足。
でもパワーも持久力もテクニックも全てダメダメでエキパ中位選手にすらついていくことができなかった。
でもアドレナリンのおかげかあまり胸が痛まなかったのが救いかな。
今は痛いけど・・・八幡浜までに治まるかな???
トータル3時間半 60km

レース前日 [自転車]

東京シクロクロスなる大会が行われるということで
申し込みをしようと思ったら、あっという間にA/Bクラスが定員オーバーになってしまった。
主催者にメールをしたらC3で走っている人はAかBクラスで走ってくださいということで
諦めていたところ、BクラスならOKということで何とか申し込みが許されました。

レース前日の土曜日。
レースシーズンも近いということで心拍のLT値を測ろうと
一人で2トレ方面へシクロでお出かけ。
ウォーミングアップメニューをこなし、タイムトライアルをしようと思ったら
心拍計のセンサーが一時停止。電池切れ?数値が出たり出なかったり。
うろうろして頭きたけど、時間がもったいないので一か八かスタートした。
そしたら何てことなく計測できた。峠へ向かって上り坂をTT。
心拍はいい感じで上がってきてもりもり漕ぐ。
が次第に一抹の不安が・・・早すぎる。
20分間TTをしなくてはいけないのだが、10分ぐらいで終わってしまいそうな・・・
そして思ったとおり10分で登り切ってしまった。
測定は失敗に終わってしまった。

悔しいのでトレールで遊んで帰ることに。
東京シクロのためにクリンチャータイヤをチューブレース化に
トライしたのでその様子見でもあった。
途中自転車部のI垣さんとシクロで遭遇。シクロ談義に花が咲いてしまいました。
タイヤの方はフロントはそこそこ成功していたようだが、リアが不安。
案の定根っこの多いこのコースでは強打するたびにプシュっと抜ける音がする。
3気圧くらい入れても抜けてしまうし不安だらけで、気になってまともに走れない。
これでは全く意味が無いので、チューブレス化は諦めて帰ろうとした瞬間
リアタイヤを根っこに強打して一気に空気がなくなり再起不能。
結局リアタイヤはチューブを入れて、ジェットコースターの下りを
楽しく下って帰路につきました。
帰り道に東京シクロの会場の浅川に寄ったが、まだ午前中ということもあって
まったくコースができていなかった。とても狭くてどうやってレースをするのだろう?
広場っぽくなっているところがあったので走ってみたら、
大きな石だらけでもの凄く走りにくい。
シクロバイクで走ったらパンク率はかなり高そうに思えた。
でもMTBで出場したら面白くなさそう。やっぱシクロで出るのだ。


で、レース前だというのに走りすぎ。
シクロでトレール走るのは結構疲労するの忘れてた。
65km 4時間

エリート練? [自転車]

日曜は先日ご一緒したYuki選手からお誘いがあって2トレへ走りに行くことになりました。
最近家族揃って胃腸の具合が悪く、しかも平日の疲れが取れないまま週末を迎え、
土曜はあまりに疲れがひどく練習無し。
その甲斐あってか日曜は少し体調も回復気味。

直前にYuki選手から来た連絡では凄い人たちが来るらしいとの情報。
これは大変とScalpelをレース仕様に変更して家を出発した。
それでも相変わらずスランプ中のためTCRの走行は全く楽しくない苦痛の時間。
8時半に現地に到着するといるわいるわJシリーズ会場ですか?ここは???
Yuki選手・マシュン選手・えしけん選手・Rie選手らトップライダーをはじめ
カイザーさん・ノースさん・ODJさん・ハッシーさん・T橋君ら上~中位エリート選手
天才さん・ガイチ・M瀬君などエリートに限りなく近いエキパ選手などなど
いまだかつて無いほどの超豪華メンバーでトレールライドとなりました。
人数が多すぎるので分けて走ろうということだったが、
自然とエリート&レジェンド軍団とハッシーさん&エキパたちに分かれたので
自分は一瞬迷ったけどエリート軍団へくっついていきました。
せっかくYuki選手に与えてもらった機会なのでついて行かない手は無い!
完全に定番になりつつありOPTION逆走から入り早くも力の差を見せ付けられる。
自分は無理せず最後尾スタートだが、やはりついていくので精一杯。
きつい上りで心拍数も180bpmを超えていていつも難なくこなせるエリアもミスを連発。
これがレースだったら完全に置いていかれるな。
ジェットコースターの逆走もとにかく我慢我慢。
それにしても誰の後ろについてもいいお勉強が出来る。
天才さんフルリジッドなのにぶれないきれいなフォーム。
えしけん選手の切れ味の鋭いコーナーリング。
Rie選手のしなやかな下り。
自分のことで精一杯だけど何とか何シーンかは目に焼き付けることができた。
登りは相当離されるけど、意外と下りは上りほどは離されていないのが嬉しかった。
まあ自分はレースペースだけど皆さんは流しているだけだと思うけど・・・

だいぶ体も調子が出てきて回りの方々ともちょうど良い間合いで走れるようになってきたところで
まさかの足首捻挫をしてしまった。
前からクリートが外れやすかったのは知っていたが、
根っこの多い下りの途中で左足が外れてしまい、
地面に左足が着地した直後、勢いあまったペダルがふくらはぎを強打して押され
足首を伸ばしきるような形になってしまった。
骨や腱は問題なさそうだったが、動きが悪く、まだ走れそうだったが
とてもあのペースでは走れそうに無かったので、残念ながらリタイヤすることにした。
現地を1時間半ほど走っていたが、この日は特別嫁さんから長めに時間をもらっていたので
さらに1時間半走ることが出来たのに惜しいことをした。
帰りは一人でのんびりジェットコースタールートを下って帰路についた。

貴重な体験が出来たことが何よりこの日の成果だった。
足首はまだ少し痛いが問題はなさそうだ。
65km 4時間15分

20110206elite.jpg


ペルジタ練 [自転車]

自分のホームコースと同じ狭山湖をホームとしているペルジタの皆さん。
お誘いを受けて練習に参加しました。何やら大物が来るという話し。

続きを読む


3連休 初日 [自転車]

年休消化のため月曜も年休を取り一般人並の3連休

初日の8日
10時半には帰宅しなくてはいけないので一人で狭山湖へ
バイクは最近の定番ハードテール・コメンサルにて。
ここのところスランプで平地を走るのがとても苦痛。
でもこの日は少し回復気味なのか+3km/h速く巡航できた。
現地到着してしばし新トレール開拓何ぞしてみたが、うまいこといきませんでした。
でもあのエリアはもう少し探検してみればループできるか・・・
いつもの神社にお参りしてさあ帰ろうと思ったらいつの間にか
Frタイヤがパンク!まだ家まで15km以上あるんですけど。
こういうときに限って修理キットも携帯電話すら持っていなかったりする。
10時半まで1時間くらいあるけど押して帰ったら間に合わない。
苦渋の決断で、ホイールにガタが出る可能性があるが乗って帰ることにした。
できるだけ荷重を後ろにしてやれば何とか15km/hくらいは出せる。
キュルキュル、ガタガタさせながら地道に走る。
すれ違う人たちは何事かと振り返るが、そ知らぬ顔で走り続ける。
何とか時間までに家までたどり着いたぞ!
と思ったら家はもぬけの殻。家族に置いていかれました・・・がっくし。

2時間45分

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。