So-net無料ブログ作成
検索選択

皇居駅伝 [Running]

今年もやってまいりました皇居駅伝。
正式には千代田区内濠周回駅伝大会といいます。
日曜のMTB練習で足首を軽く捻挫したためどのくらい走れるのか心配。
ランニングの練習も捻挫のため最後の仕上げが出来なかったので
平地の走り方やフォームの確認が出来ずぶっつけ本番になってしまいました。
おまけに予報で分かっていたものの完璧に「雪」です。
果たしてどうなることか不安のまま家を出発しました。

8時半に桜田門に到着すると、やはりこちらも雪でした。
ランでも自転車でも今までに雪のレースなんて記憶に無いな・・・
気温は+2℃で弱い風も吹いていてだいぶ寒く感じる。
1年ぶりに再会した高校陸上部のOBの面々。
皆さん寒いながらもどこかしら顔が輝いて見える。
自分のチームは自分の代と一学年下の代の混成チーム。
自分は昨年と同じ2区を担当することになりました。
雪の中モゾモゾ着替えをしたり話をしているとあっという間にスタートの9時半が来てしまう。
1区の同期のY彦はアップ無しでいきなりスタート地点へ向かった。
大丈夫かいな? 心配しながら自分もアップを開始。
しかしなかなか体が温まらない。
走ったりストレッチをしたりオイルを塗ったりトイレに行ったり。
バタバタしていまいち集中できずアップが出来たのはわずか8分ほど。
ウエアは悩んだ結果
アンダーアーマーの長袖+半袖自転車ジャージ+Piレースレインジャケット+キャップ
というちょっと厚着しすぎ?状態にしました。
自分たちはあくまで「走ること」を楽しみでやっているので順位とかは関係ない。
でも自分は出るからには全力でやることが楽しみでもある。
出来すぎだった昨年が18分57秒だったので、今年は足首の捻挫と天候を加味して
20分を切ることに目標に走ることにした。
ほぼ予定通りのタイムでY彦から襷を受け取りスタート。


続きを読む


3連休 3日目 [Running]

3連休の3日目はやまだンなさんの誘いに乗ってトレランに参加。
近場のトレールでいい所があるということで集合場所まで街乗り自転車で行きました。
あのX-Terra日本人トップのOGA選手も来るとあって張り切っていきました。
走るのも速いOGA選手がいてもやまだンなさんとM尾さんもいるので
めちゃくちゃ自分が遅いことは無いだろうと思っていたのだが・・・

集合場所の公園に着くと予定していた人以外の人も来ていた。
Yujiri選手というアイアンマンの選手だって・・・聞いてないよ~
時間遅れ目で着いたせいで全員集合して挨拶をしたら
ストレッチもする間もなく走り出してしまった。
どのくらい走るのかもあまりよく分からずとにかく着いていくことにした。

いつも車で走っているすぐ脇にこんな整備されたトレールがあったとは驚き!
ランニングはもちろんMTBでも走ったら少し楽しめそうな感じ。
軽いアップダウンが続きいい気持ちで走ることが出来る。
大体10km/hくらいで走っているがとても調子がいい。
はじめてOGA選手と話をしたけど人当たりがよくて噂どおりの好青年でした。
でもYujiri選手とOGA選手がLSDと言っていても自分にはバッチリミドル域。
いろいろお話したかったけど、あまり頭が回らず黙黙と走っていました。
ところどころ隣接する公園などを走りながら1時間ほど経過。
M尾さんが前日の疲れから終了。
自分も少し疲れが出始めた。自分が目指しているのは5kmの駅伝。
練習はいつも1時間前後しかしていないので、それ以上は未体験ゾーン。
徐々に股関節周りの腱が痛み始めたの1時間半くらい経ってから。
下りでだんだん着いていけなくなってきた。
やまだンなさんにも遅れをとる様になってきて、久々にみそっかす気分。
ふとしたところで置いてきぼりを食って迷子状態。
いたるところに枝道があるのでどっちに行ったのかわからず、
選択した道は間違っていたようで明らかにミスコース。
仕方が無いのでやまだンなさんと連絡を取りつつ下山。
知っている道に出て一安心して、2時間走ってようやくストレッチ。
休みながらスタートの公園を目指す。
OGA選手たちはとっくに公園に戻っているらしく解散。
自分はとぼとぼ幹線道路と走っていると、前から自転車に跨ったやまだンなさん登場。
とっても嬉しかった~正直ほっとした。
だべりながら気を紛らわせながら走るが思いのほかこれが長い。
車ならあっという間だし、自転車でも一分張りの距離なのに・・・
かなり久しぶりにランニングで地獄を見た。
Yujiri選手はこの後水泳、OGA選手はMTBの練習に出かけたそうだ。
自分は家で廃人状態。自分のスケールの小ささを感じた。
もっと強い体になりたい!そう思った一日でした。

成果 3時間 24km
run.jpg

その後M尾さんはインフルエンザで倒れたそうで・・・自分も怪しかった・・・

今年の目標 [Running]

2011年
今年の目標は「エリート残留」あるのみ!
また毎年1つずつ新しい大きなレースに出ているが、今年はズバリ初・全日本出場でしょうか。
(多分でないと残留争いから脱落するので・・・)

ということで今年の最初のトレーニング
2日に近所のトレールでランニング
前から気になっていたうちの一つ南側の山。
M大学へまっすぐ続く急な上り坂。
確かに走ってみると10%はありそうな急斜面だが、
20mも走ると緩くなり6%くらいか、期待したほどではなかった。
M大の周りを走っているとトレールの入り口が出現。
山の尾根沿いをかなり整備されたトレールが続く。
距離はたいしたこと無いがランで走るならそこそこ使えそうだ。
散策しながら走っているといつの間にか時間が経ってしまい
膝が痛くなってきてしまったのであえなく帰宅。
それでも50分を走った。
うまいこといつもの裏山トレールと繋げられると面白いのだが・・・
次回は隣のC大学方面を探検してみたいものだ。

皇居駅伝 [Running]

今日は建国記念日
普段は会社だけど珍しく休みを取り駅伝大会に出場してきました。
自分は中学・高校と千代田区の学校で陸上をやっていたので
皇居の周りは練習の場だった。そして皇居駅伝も恒例の大会だった。
ということで実に18年ぶりに出る陸上の大会なわけです。

高校の同期のYHから誘いの連絡をもらって冬休みからたまに近所のトレールを走っていたけど
その本番がついに来てしまったのだ。
先週末は最終確認で久々にレーシングシューズを履いてあまりの軽さに
体が逆にギクシャクして、本気で走った時のフォームがぎこちない。
古傷の膝が痛むこともあるので果たしてどのくらいで走れるのか全くの未知数。
楽しみでもあり不安もいっぱいの一日がスタートしました。

朝、家を出発してまず電車都心に行くのが新鮮だ。
引っ越して路線が変わってから初めて電車で都心に行くのだ。
そして地下鉄から階段を登っていくとなつかしの皇居・桜田門前。
何とか天気が持ちこたえてくれていて助かる・・・
集合場所に行くと懐かしい陸上部OBの面々や当時の顧問が来ていて和気藹々。
半分以上のメンバーはここ数年この駅伝に参加しているので慣れたもんだ。
自分は会場の雰囲気に懐かしさ半分・緊張半分。
いや、しかし昨今のランニングブームは凄いですね~
こんな小さな大会に一般だけでも150組750名も集まっている。
しかも募集してすぐ一杯になってしまったらしい。
さらに噂には聞いていたが、皇居でランニングする人の多いこと。信じられない!
TCRなどで自転車が危ないと看板が出るのはわかるが、
ここではランナーが危ないから気をつけてという看板が出ている。


続きを読む


今日もトレラン [Running]

連休初日の今日は風邪で具合がいまいちなので、あまり無理せず
1時間ほどのトレールランニングを実施。
裏山のトレールに入ったが1時間ひとっこひとり出会わなかった・・・なぜ?
さて裏山トレールは1年前に越してきてからかなり探検をしたはずだったが、
今日新たなルートを発見。
楽しくなってどんどん進みたくなっちゃいます。
冬だからこそ楽しめるトレール探し。
するとこのエリアでは珍しく階段無しで1つのループができそうだ。
距離は1kmもなさそうだけど、これはMTBでも走れそうな気配だ。
裏山のトレールも帰り道なら1箇所担ぎ場所があるけど70%はMTBでいけそう。
新たにここのトレールに名前をつけよう。末端の公園の名前から7Oトレールかな。
近所で少しでもMTBで走る楽しみができたぞ~やったね!

トレールランニング [Running]

今日はこの冬最初のトレールランニングを行った。
高校時代の陸上部の友人から2月に駅伝大会に出ようという誘いがあったからだ。
何年か前から陸上部OBで参加していたのは知っていて、
昨年誘われたけど休みが取れなくて断念したのであった。
中学の時から毎年のように参加していたこの駅伝大会。
懐かしさもあってちょっと出てみたい。
ということで走り込みをしなくては。
しかし、春以来全然ランニングはしていない。
自転車のおかげで心肺機能は高そうだけど
膝から下の筋肉は退化していっているだろうから、かなり頑張らなくては。
おまけに11月中旬に娘を抱っこしたまま下り坂を5分間ダッシュして
膝の古傷を痛めてしまい水が溜まってしまったので、慎重にいかなくてはいけない。

今日は手始めということで近所の裏山をLSDペースで1時間目標に走った。
自宅から5分でトレールへ突入。
結構アップダウンが激しく階段も多いので無理はしない。
きつい階段は無理せず歩くのもよしとした。
かかとを上げて膝への負担を減らして走る。
ゆっくりピッチ走法で走る。
天気もよく風も無く、いい汗をかきました。

冬休みは自転車とトレランを一日おきにやりたいな。

Fuji.jpg
裏山からの富士山

勝手に箱根駅伝 本番編 [Running]

いよいよやってまいりました第4回箱根駅伝

毎年恒例の大学時代の仲間を集めてのこの企画。毎年開催が危ぶまれながらも今年で4回目となったわけです。(自分は2回目だけど)大手町の読売新聞社前から箱根のゴールまで実際の箱根駅伝のコースを使って自分達だけで駅伝をするというもの。大学時代はみんなサッカー、バレーやアメフトなど陸上をやっていたわけではないけど、何故か発起人のEnd氏によって考案されたのだった。本当の駅伝ではたった5人で110kmを走りきってしまうわけだけど、みんないい年をして運動もろくにしていない人もいる僕らは、10人でだましだまし走破しようという作戦。とても辛いしちょっと恥ずかしいけど今年もまた2日に開催されました。

 今回のメンバーは男子7名+その奥さん4名(途中帰宅者含む)。
あさの7時半に大手町の読売新聞社前に集合。前日の天気予報では雨の予報だったが、何故かすっかり天気は回復してほっとした。
 今年もオリジナルTシャツの上にピンクの襷を掛けて、8時の時報ともに読売新聞社前を1区前半をKa君がスタート!最も恥ずかしいこの区間。何故ならこの日はGWといえど平日なので通勤の人たちもかなり多い。田町や品川といった駅前の歩道を走らなくてはいけない。かなり恥ずかしい。たくさんのサラリーマンが歩いている中をかき分け懸命に走るKa君。僕らは1Boxカーの中から高みの見物をしながら応援。1区後半から自転車の伴走車を出動。自分が持ってきたMTBをみんなで変わりばんこに乗り継いでいく。と、メンバーの1人Emo君が調子に乗ってジャンプさせたりしていて思わず転倒!ビデオカメラにもしっかり写っていてかなり面白いネタになったのでした。
 自分は2区の後半権太坂から戸塚警察前まで昨年も同じところを走ったが、今年はどうなることやら。昨年はぼちぼち走る練習をしていたが、今年は自転車の練習をするのでも精一杯だったのでかなり心配が募る。いよいよ自分の番が来る。膝痛が起きないよう気にしながら走ってみるが特に問題は無い。心拍計を見ながらオーバーペースにならないようにコントロールする。この区間は上り坂が多いので調子に乗ってペースを上げてしまうと後が続かなくなってしまうのだ。最後のきつい登りは伴走車に前に出てもらってペースメーカーになってもらって何とか走りきった。タイムは1時間28秒。
 箱根に入るまでにみんな一通り走り、いよいよ箱根の登りに差し掛かる。ここからは走るのは厳しくなるので自己申告で走れるところまで走って次に代わるというふうにしている。みんな二回目になると筋肉痛や関節痛で全然走れなくなる。しかしここまで非常にいいタイムできているので記録更新をかけてみんな燃えている。みんなの期待にこたえるべく、自分はできるだけたくさん距離を稼ぐようスピードを少し落としても膝が痛くならないような走りに徹して5.5kmの登りを走りきった。38分28秒。気圧の変化のせいなのか2区を走った時と違って膝に激痛が走ったが、腕振りを意識して大きく振るようにすることで痛みが和らいだ。腕振りの重要性を思い知ったのでした。
 そして最後は自分がアンカーとして走った。みんなの中では一番タイムが稼げるので今年は自分を多用して記録の更新を狙っているのだ。芦ノ湖湖畔についてからゴールまでが以上に長く感じる。2.2kmということだったが12分半もかかってようやくゴール。周りはすっかり暗くなっていた。
ゴールタイムは11時間2分54秒。記録があいまいな2回大会を除けば、10分以上記録を更新する大記録を更新したのであった。(ちなみに実際の駅伝ではこの時間で往復していますが・・・)

読売新聞社前をスタート

各区間のタイムは以下のとおり(誤差は多少あり)
1区前 1時間18分47秒
1区後 1時間 9分25秒
2区前 1時間15分24秒
2区後 1時間 0分28秒
3区前 1時間15分13秒
3区後    52分31秒
4区前    50分44秒
4区後    48分40秒
5区     36分 0秒
        15分46秒
        38分27秒
         4分47秒
        12分 9秒
        12分28秒
         3分57秒
         9分19秒
         6分10秒
        12分35秒


勝手に箱根駅伝 予告編 [Running]

今年もやってまいりました。箱根駅伝大会!

といっても学生時代の運動馬鹿な仲間達で、勝手に自分達で箱根駅伝をやろうということで始まったこの企画。毎年GWに開催されて今回で4回目。自分は昨年からの参加だけど、結構楽しみにしています。歳をとるに従いその苦しさから存続が問われているけど、今年も5月2日(今日)に開催決定しました。雨だけど・・・
朝8時に大手町を出発。まったく同じルートを通って箱根の往路を完走します。夜は小涌園に泊まって体をいやすという予定です。

バカな僕らを見かけた方は応援してくださいね!


完全燃焼 [Running]

今日は結局Benから連絡がもらえず、自転車に乗ることができなかった。
Benに預けず自分の手元において置けばよかったと後悔。
仕方がないのでジョギングに出かけることにした。
完全武装で防寒対策を施しいざ出発!目的地はHuron river
久々のジョギングなので無事に帰れるか心配だったけど、
とりあえず地図携帯を片手に出かけたのであった。
予想最高気温が-5℃の割には意外と暖かくて気持ちよく走れた。
途中ジョギングをしている人や散歩をしている人も結構見かけた。
Green RDからGlazier STへここからは秋に泊まっていたホテルから
自転車で会社に通う道だったのでまったく不安なく行くことができた。
といっても急坂がアイスバーンになっていてへっぴり腰で歩いちまった。
さらにHuron Pkwayを走りほどなくHuron Riverへ到着。
30分4mile弱くらいかな。
予想通り川は半分凍っていた。川沿いは整備されていて公園になっていた。
氷の上では白鳥がお昼寝中。
日向では予想気温より暖かく、実測-2℃くらい。
それでもじっとしていると冷えてくるから早々に帰宅。
もと来た道を帰る。途中公園の端で小さなTrailを発見。
迷わず突撃すると雪の上に動物たちの足跡がいっぱい!
何の動物かは全然わからない。
Trailは丘を頂点に400mくらいで終わってしまった。
ちょっとした散歩道程度であった。
帰り半分くらい来てから恐れていた膝痛が勃発。筋肉痛とも闘いながら、
何とか帰宅。休憩を含めて1時間20分。平均HR142。
ちょうどよいLSDだったと思うけど久々のジョギングでかなり疲れた。
筋肉痛もかなりくるだろうと予想される。
せっかく時差ぼけが治ってきたのに昼寝をしてしまった。
そんなこんなで結構完全燃焼した一日でした。

今日は暇なのでいっぱい書いてみた。いつまで続くかな。
写真は昼寝中の白鳥たち。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。