So-net無料ブログ作成
検索選択

安達太良山 [登山]

この週末は家族で登山に行きました。
来週はJ2修善寺大会ですがまともに練習してないが・・・まあいいんじゃない。
ということで土曜のあさ6時過ぎに家を出て東北道を目指す。
新しい家に越してきてから東北道に出るのはちょっとしんどくなった。
まあめったに使わないからいいけど、はやく圏央道がつながらないかな・・・
福島県北部の二本松ICで下りて、何でETCなのに1700円なんだよ!って怒りながら山に向かう。
ICからわずか15kmで麓のスキー場へ到着。

続きを読む


長野旅行 霧が峰 [登山]

2日目朝6時に起きてスキー場へ向かう。
まだ朝霧で周りの山がすっぽり覆われてしまい真っ白。
とりあえず坂の緩い初級者コースから登り始める。
砂利と雑草で走り難いったらありゃしない。
シングルトラックを探そうとしたが雑草が多すぎて森に近づくことすらできない。
仕方がないのでてっぺん目指してひたすら直登。
霧が濃くてどこが自分がいるゲレンデなのかよくわからない。
一つ目のリフトをクリアするがその先は結構きつめの上りになっている。
ゲレンデマップでは中級コースになっているはず。
いけるところまで行ってみよう!ってなのりで突き進むが徐々に厳しくなってくる。
朝露で滑りやすいし空気は薄いし勾配も相当なもんだ。
ついに足を付いてしまいリスタート不可。
ちょっと押しが入ってしまったが間もなく再乗車。
このころには何となく頂上らしきものが見えてきた。
でもルートが良くわからないから目の前の獣道のようなところを進んでいくしかない。
そして間もなく頂上。
そこは霧が峰の頂上らしく一面原っぱが広がっていた。
遠くまでは見渡せないけど、きっとすぐそばに車山があったはず・・・
しばらく散策しているうちに霧が晴れてきた少し見晴らしが良くなってきたけどタイムアウト。
帰りの時間になってしまった。

          エコーバレー山頂

帰りはお気楽ダウンヒル。
登りのつらさのわりに下りは真っ直ぐなので簡単かつあっという間に終わってしまった。
宿に戻ってひとっ風呂浴びて朝食をとり早速この旅行のメインイベントの霧が峰へ向かう。

車でわずか15分ほどで車山肩へ到着。
ここから霧が峰をハイキングして3時間くらいで戻ってくる予定だ。
例によってベビーキャリーに娘を乗せていざ出発。
今回は大雪山の教訓を生かし登山靴とストックを持参した。
標高差がないからといってなめてはいけません。
まずは蝶々深山をめざす。
やっぱ登山靴はいい。安定感と安心感が違う。
予定では蝶々深山~八島湿原へ行く予定だったが急遽変更。
蝶々深山から車山登頂をすることにした。
なぜなら蝶々深山に行くまでにすっかり霧が峰の雰囲気は味わえたから。
それから梅雨が長引いたので期待していたけど、やはりニッコウキスゲは終わってしまっていた(かわりにマツムシソウが良く咲いていた)
それに車山が百名山であることがガイドに書いてあったので行くしかあるまい。
一度来た道を元に戻って一気に車山を白樺湖側からの直登に挑戦。
ぱっと見は険しそうに見えて+12kgの背中の荷物で登れるか不安だったが、ここでめげては子供をつれて本当の登山なんて程遠い。
気合を入れなおして一気に登り倒す。
すると意外にあっという間に登頂してしまった。1925m。
確かに普段登っていた山に比べれば標高は低いし、高低差も無いに等しいので楽勝なのかも。
山頂へはリフトでも上がれるので、登っている人数に比べてものすごい数の観光客で頂上はごった返していた。
本当なら周囲は名峰で囲まれているはずなのだが、残念ながら曇っていて遠くは見渡せない。
麓の町並みが見えるのが精一杯だった。

          蝶々深山から車山

今回は珍しい野生動物は見ることはできなかったけど、図鑑でしか見たことの無かった蝶に出会った。
「あさぎまだら」という蝶。とても綺麗な蝶でした。
残念ながら写真は撮れなかったけど高山のお花畑ならではの出会いでした。

下山するころから真っ黒な雲が急接近してきて車に乗ったとたん雨が降り始めた。

帰り道はもちろん温泉へ。
音無温泉というシックなたたずまいの日帰り温泉に寄った。
露天に樽のようなお風呂があった。
今回は娘と一緒に入ったので残念ながらトライできなかったがちょっと試してみたかった・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山登り 金峰山 [登山]

今年最初で最後の登山に出かけた。
毎年夏から秋ににかけて3・4峰登っていたのだが、今年は娘の誕生などもあってなかなか機会がなかった。
いつもは嫁さんと登っていたのだが今は当然無理なので、今回は大学時代の友達EMOとS2と登ることになった。彼らは富士山に登ったことはあるけど殆ど初心者なので今回は山の魅力について伝えられたらと思って引率することになった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。