So-net無料ブログ作成
検索選択

'12 J2横浜緑山大会 [自転車レース]

今年最初のクロスカントリーレースに参加してきた。
3月はほとんど練習ができなかった。
もともとのモチベーションが低かったのもあるけど、
インドネシア出張に行ったり、インフルエンザにかかったり
練習は例年の半分以下だった。
インフルエンザから何とか回復したのがレース前一週間前。
一週間寝込んで体重はベスト体重から3kg落ち、全身げっそり筋肉が落ちてしまいました。
おまけに咳が酷くて呼吸困難に陥ることも・・・

3月上旬に29インチの新車が来たけど、今までのScalpelで出るか新車で出るか悩んでいた。
レース前に乗れたのは3回だけ、シートの高さを調整するだけで精いっぱいだった。
新しいレース用ホイールが来たのはレースの4日前。どうしたものか・・・
試走で決めよう!

がしかしレース前日の土曜は土砂降り。
病み上がりで雨の中走ったら本番は走れまいと思い試走は断念。
一層バイク選びに悩んだが、結局新型を投入することにした。
どうせ体調悪いので成績も上位は狙えないし、
緑山の次のレースのために感覚を掴んでおきたいため、ダメもとでやってやるぜ。

レース当日。
前日に試走ができなかったため朝一の試走時間に行くため家を5時半出発。
天気は良かったが朝早すぎて家族は当然応援不参加。
代わりに途中でJTさんをピックアップして会場へ向かった。
40分ほどで会場に到着し受付を済ませJTさんと試走に向かう。
昨日の大雨とは裏腹に森の中は思いのほかドライ。
終盤だけ水たまりがあるがほぼ関係なし。
前回開催時より終盤だけ少しコースレイアウトが変わったがそれ以外は通常通り。
相変わらずくねくねしていて速度差がないと前を抜きにくいコースレイアウト。
根っこが多いのも例年通りだがやはり29erだと楽だ。
あまり気にせず突っ込んでいける。でもいまいち使いこなせていない感じは否めない。
おろしたての新しいレースホイールのおかげで登りでの瞬発力は出るようになったが
やはり脚力が相当衰えていて全然登れない・・・JTさんにも置いて行かれてしまう。
少し頑張ると咳こんでしまい登りでは足かせになってしまいそうだ。
でも出ると決めたからには今の持っている力でやれるところまでやってみる。

車に戻りバイクの調整をしていると。
「おはようございます~」とチームのF島さん登場。
耐久ですか?と聞くと「スポーツクラスです」ということで、
自分も知らなかったがJシリーズデビューですか!
たまに一緒に練習したりシクロに出たりしていたけどまさかJシリーズに出るとは恐れ入った。
F島さんの応援をしつつアップを開始。
いつものエキスパートの面々とあいさつしながら自走で心拍を上げる。
いつもより心拍の上りが早いのが気になる。

招集がはじまり自分は4列目。全体の真ん中ぐらいからのスタート。
隣は一緒にエリートから降格したミスティさん。
J2の大会ということで少し和やかな雰囲気。
久しぶりに顔を合わせる仲間と会話が弾む。
自分の目標はこの日の状況からすると30位くらいかな。
カウントダウンが始まりスタート!

しかしいまいちスピードに乗れない。
後ろから速い人に腕に体当たりを食らったが何とかこらえる。
ワイドバーのデメリットがこんなところで・・・
そうこうしているうちにズルズル順位が下がっていく。
やっぱり鉄板登りで押しになっちゃう。
端から抜いていこうとするがあまりやる気なし?おとなしく行ってしまった。
最初の登りで少し抜いたものの大渋滞でまた押し大会。
工具を落としてしまい、誰かが教えてくれたけど放置。
一列に大行列になって当然抜くことはできない。
前半いつも嫌な根っこだらけのヘアピン登り。
焦りが募り29erの走破性を過信して根っこに斜めに突っ込んだら敢え無く落車。
29erといえどもダメなときはダメなんです。本番で試さなくても・・・乗り込み不足です。
おかげでさらに順位を下げて狸穴さんにも抜かれてしまった。
追い上げたいがいまいち周りが遅くてペースが上がらない。
かといってガッツリ抜かせるほどのパワーもない。
しかたなくダラダラ周りに付き合わされる。
そうこうしていると咳き込みはじめるようになってきた。
追い上げようにも呼吸が苦しくて全然上げられない。
2周目に入っても相変わらず周りの遅さに付き合わされてイライラが募るが
ズバッと抜けるほど優速でもない。
3周目、咳がどんどん酷くなりついに呼吸困難で漕ぎ続けることができなくなってしまった。
でも一度走り始めたからにはレースを降りるわけにはいかない。
喉から血の味がするが出来る限り走り続ける。
4周目に入り少し咳が楽になった。
でも時すでに遅し、だいぶ遅れをとっているようだ。
やっぱクランク長が長いために後半になってくると上手く脚が回らなくなってくる。
5周目、デラッチさんが足切が近いことを教えてくれた。
ようやく走りに集中できるようになってきた。
前を行く狸穴さんにみるみる近づいていく。
ホームストレートに近づきあと20mで狸穴さんに追いつくと思ったら
目の前で足切された・・・・ショック。43位。
ようやく調子が出てきたと思ったのに。
緑山はどうも昔から相性悪いな。
まあ体調も悪かったし、新型バイクでポジションも出ていないのに
いい結果を求めること自体難しいので次では調整して頑張ろう。

midoriyama2.jpg
Photo by Toriko



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。