So-net無料ブログ作成
検索選択

シクロクロス東京@お台場 [自転車レース]

かなり久々にBlogをアップ。
昨年新しいPCにしてから初めてソネブロにアクセスしたことを知り愕然とした!

初めてこのイベントの開催を知ったときは驚いた。
あんなところでレースができるとは!
どんなレースになるのかかなり興味津々だったが
エントリー費6000円に引いてしまった。
しかし待てよ。
お台場でレースなんてもう二度とないかもしれんし、まあイベントとして出ておくか
ということで結局今年もC3脱出できずいたためスポーツクラスでエントリー。
ぽちっとエントリー完了した週末新たな通知が・・・
娘のDance発表会とダブルブッキングだ!!!

スポーツクラスのスタートは9:00から20分間。
娘の発表会は12:00集合どうしたものか。
家族会議の結果、レースが終わったら速攻で帰宅すれば大丈夫そうとのこと。

レース当日。
朝5時起きで6時に家を出発。
忘れ物をして途中で引き返したりしたが7時前にはお台場海浜公園に到着。
すぐ帰れるようにステージ近くの駐車場に止めることにした。
さすがにまだ人はまばらだが、それでもレース2時間前でのんびりもできない。
やはり都心の海は暖かい。天気もいいし、いいレース日和になりそうだ。
身支度をしてまずはコースの下見に出る。
試走は8時からなので歩いてコースを回る。
気になるのはやはり砂浜。
往路はやはり砂が深そうだが、復路は波打ち際で締まっていて走れるかな?
8時になりようやく受け付けが始まり、試走を始める。
さすがはS藤さんがコースレイアウトを行っただけあり
あの狭い林エリアを所狭しとシングルトラック化して面白いコースにしてある。
階段や低い擁壁?を組み込んで
MTBでは物足りないけどシクロではちょうど良い面白さ。
そして砂浜へ・・・全然乗れません。
後ろからC1メンバーが追い越していくが、さすが乗れている!
復路の波打ち際は何とか乗っていけそうだ。
やはり砂浜の乗車率がキーになりそうだ。


合図とともにスタート。
予想通り回りが遅く全然前に上がっていけない。
直後のシケインから早くも混戦状態。
そりゃシクロクロスなんて走ったことない人も沢山いるわけで当然だ。
2連シケインから階段登りで10人ほど抜く。
が、シングルトラックに入るとほとんど抜くことはできない。
テクニックのない選手たちは目の前で立ち往生してしまうので
上位からはどんどん置いて行かれる。歯がゆいがまぁ想定内か・・・
砂浜に出ると意外と勢いで乗っていける。でも前が詰まっているので50mと持たない。
そこからはひたすら担いでRunあるのみ。
長い担ぎを想定して肩が痛くならないように対策を施したのが功を奏して
Runに集中できる。
しかし慣れない砂浜のランニングはキツイ!!!
でもここが頑張りどころ。歯を食いしばって走る。
相当抜いたはずだが、折り返してくる先頭とはまだまだ差が大きい。
目が飛び出そうなくらい苦しかったが折り返し地点まで全力疾走したら自転車に飛び乗る。
いまいちスピードが出ないが何とか走っていける。順位は1ケタくらいまで来ただろうか。
1周して監督からの声は7位!
想像以上のところまで順位を上げていた。
2周目のシングルトラックはだいぶ空いていて走りやすい。
先行する轍屋のTさんについて楽しく走るが微妙に遅い。
けどスパッと抜けるほど自分も余裕はない。
そうこうしているうちに目の前でTさんが公園の設備に引っ掛けて転倒。
危うく巻き込まれそうだったが危機一髪回避。
一気に先行させていただく。
前は結構空いてしまい気おくれ状態のまま砂浜に突入。
1周目に頑張りすぎたのか、今度は少しペースダウン。
むしろ砂浜をどれだけ走れるか乗りなおしてみたり試みるがやっぱだめだ。
上位陣は意外と近くにいたけど
後半がいまいちスピードがのらなくて抜かれてしまう。
2周を終わって6位くらい?
3周目はSuwakoの選手が立ちふさがる。
シングルトラックではやはり微妙に遅いが抜けない。
ヘアピンでSuwakoの選手がスリップした隙に前に出たかったが
焦って自分も足をついてしまい出られず。
結局砂浜まで先行を許す。先に降車したのはSuwakoの選手。
抜きたかったがもう一人MTBの選手と並走してランニングしており抜けない。
自分もバイクを担ぎランでタイミングを見計らう。
しかし前の二人は並走したまま前へ出る隙間がない・・・
折り返し地点が迫ってきてこのままでは後半巻き返される可能性がある。
仕方なく声をかけて2人の間を強行突破。一気に引き離す。
がやはり後半の波打ち際でSuwakoの選手にかわされてしまう。
たしか前の周回でもこの選手にここで交わされたのだった。やられた・・・
すると最後の階段が終わったところで「イケイケ前止まってる!」の応援。
Suwakoの選手がトラブルで止まっている。
諦めずよかった!最後の力を振り絞ってスプリント態勢。
大歓声のゴール地点へ向かいスパートをかける。
実況も「4位争いはスプリント勝負だ~!!!」とはっきり聞こえさらにギヤをシフトアップ。
後ろを振り返らずゴールラインを貫いた。

最初のレースにもかかわらずものすごい人垣ができていて
走っている方にも熱気が伝わってくる。
なんと6位まで入賞で表彰を受けた。Suwakoの選手ともお互い健闘を称え
たった20分だったけど1時間くらい走ったような充実感だった。
表彰式が終わったら速攻で撤収。
その後の世界レベルのレースを見たかったけど残念ながらお預け。
相当盛り上がったとの噂。来年もぜひ開催してもらいた。
今度は家族と飲み食いしながらじっくり観戦したい。

また後日レースのデータを分析したところ、
1周目の砂浜のランニングで心拍数200bpmを記録。
過去最高を記録していた。そのせいか2周目は-20bpmも下がっており
追い込みが足らなかったような気もする。
でも昨年から気になっていた高血圧はレース前の120台だったし
それほど影響していないようで安心した。

そういえばその後の発表会だが、
11時前には自宅に余裕で到着。高速が空いていれば1時間もかからないもんだ。
ばっちり長女の雄姿をカメラに収め本当に充実した一日だった。

418236_166437600137803_100003146923394_252101_35301984_n.jpg
Photo By M尾

ftr5_04-thumbnail2.jpg
Photo by 酉子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。