So-net無料ブログ作成
検索選択

'11ジャパンシリーズ J2木島平大会 [自転車]

もう2週間も前の内容ですが思い出しながら・・・

昨年エキパで6位を獲得した、比較的得意なコース。
練習はやはり余り出来てはいないが、どこまで通用するか自分を試すいいチャンスだ。
しかし、残念ながら土曜入りは出来ず、ガイチと当日入りとなった。
睡眠時間を取るか試走をとるかで、事前情報では一部意外は例年通りということで
睡眠時間を取り4時半自宅出発でガイチをピックアップし木島平へ
思ったより早めについて8時半には着いたがさすがに試走時間は終了していた。
試走していない人なんてほとんどいないので情報収集。
前半の下りが滑りやすいシングルののぼりを追加。
その後の自分の得意パートが変更された程度。
例年難所のドロップオフは迂回路が出来ていて全般的に難易度は低下した感じだ。

スポーツの応援・エキパの応援をしてアップを始める。
前日の雨で路面が心配されたが、だいぶ乾いてきているようだ。
体の調子はまずまずな感じ。天気は曇っていたが晴れ始めているようだ。
暑さで少し消耗している気がするが多めにアップをこなした。
召集が開始され後ろから2列目くらいに並ぶ。
今回の目標は30位。持てる力が発揮できれば不可能ではないはず。
一斉にスタート。
アウト側からスタートしたのだが第一コーナーが上手く曲がらせてもらえず
かなり膨らんでコーナーリングしたせいで最後尾へ下がる。
ならばということで最初の登りで一気に巻き返しを図り始める。
最後尾集団から抜け出し前の集団に追いついたと思ったら
左前方にいた選手がいきなり蛇行し始めて目の前を横向きに通せんぼ。
わけ分からんこいつ!
せっかく良い勢いで登っていたのに0発進になり。
リズムは狂うわ、後ろには追いつかれるわ最悪のスタートになってしまった。
結局新設のV字シングルトラックは大渋滞で押し登りになってしまった。
気を取り直してがつがつ行きたいところだが、前が遅くて自分のペースが作れない。
自分が得意な上り区間はあまり調子が良くなさそう。
シングルトラックはだいぶ根っこが深くなっていて走りにくくなっていた。
前を行くハッシーさんに遅れずついていこうとしたが、どうもリズムが合わない。
そしてシングルトラック出口手前の根っこで痛恨のスリップ。
焦っていたのと試走をしていなかったのがもろに出てしまった。
後続を見送り乗車してシングルトラックを出たら、誰もいなくなっていた・・・
完全に置いて行かれてしまった~!ほんの一瞬のミスが命取り。
これがエリートのレースだ!
いきなりの得点圏外に落ちこぼれ前は誰も見えない。
蒸し暑さが倍増していてレースというより一人修行の様相。
ペースは全然上がらず、ただ黙々と進めるだけ。
まったく楽しくないレースだ。2周目でRYO君がトラブルで抜いた。
そして暑さにやられたのかNジムTH君をホームストレートで抜いた。
そしてまた淡々と走っているとチラチラと県人ジャージが見える。
3周目、今年いい成績が出ていないヤマベッティーニさんを登りで抜かす。
知り合いばかりを3人抜いて-4Lap 39位で終了。
全くいいところ無し。
練習不足とはいえここまでひどいレース展開になるとは・・・
エリートのレースの怖さを思い知らされた一戦でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。